札幌での最後。解散公演稽古でした。みんな観にきてね!

演劇活動

札幌ハムプロジェクトに所属して15年が経とうとしています。どうも、天野ジロです。
15年って凄いなぁ、月日は流れたなぁ。

雪まつりの雪像に昇らせてもらった時の私。
稽古まったく関係ないw

18歳で宮城県の田舎から札幌に上北!
しかも演劇をやる為に来てしまった私でした。

『札幌も演劇が熱い!』

と言うテレビの情報に踊らされてwww
大好きな札幌で演劇ができるなら楽しいな♪
札幌で役者やる!!!!と安易な気持ち&とにかく実家を離れたい一心で単身やって来ました。

来た当初は演劇人の皆さんに
「その情報はデマだねぇ〜」と言われまくったけどwwww

今、心から言える事は
札幌に来て本当に良かったなぁと言う事です。
18歳の私の行動力に感謝している。

関連記事
成人式に1人だけ浴衣で行った理由と土俵の話

当時の自分は計画性もまったく無く、
とにかく勢いと嫌な事から逃げまくる事だけに必死だったなぁと思います。
嫌な事から逃げる為なら、もの凄いパワーを使う女だったwww
そんな私も札幌に来た15年で大分大人になりました。
15年間私が経験して来た全ての事柄が
今の自分を形成してくれています。
ハムプロジェクトでの沢山の経験、沢山の出会い、楽しい事もどん底レベルの辛い事もw
今の自分に出会う為、必要な事だったんだと思います。

この日、全体興行の稽古がすわ2階で行われました。
今回出演してくれるキャスト陣は
みんなハムプロ慣れしている(笑)
信頼おけるメンバーばかり!!
客演人を向かい入れる私たちの安心感が半端ないです。
去年の全体興行(ルビコン河を渡る)に参加してくれたメンバーが大半を占めているのに加え、

久々の中塚有里ちゃん(劇団清水企画
中塚さんは「カラクリヌード」や「戦うゾウの死ぬ時」などハムプロ公演に沢山関わってくれています。

そして、「マスターピース」で一緒だった
わんわんズのよっしー!(由村鯨太)

男芝居フェスからすっかりスタッフとして参加してくれているさーや!!

ラスト公演を
このメンバーで上演できる事がとても嬉しくて楽しいです。そして自分が心から笑顔で入れる事が良かったなぁと想います。

スマホで読み合わせの図

この日は出来た台本を代役を立てながら読んだんですが、とにかく終始「爆笑」してました。
写真もみんな笑っているw
いい笑顔だなぁ。

15年前はこんな読み合わせ想像もつきませんでした。
スマホのお陰でどんどん、共有が便利になっている。

この日のハムさんは声がカラカラ!

ハムさんは
台本を長時間書いた後に急に喋ると
声がカラカラのスカスカだったりするんです!
通常の声が出るまで時間がかかります。
台本を書いている時にものすごく声帯を使っているようで(声は出してないのですが)

声帯って不思議で
例えば喉を休めなきゃいけない時(ポリープの手術後など)は本を読んだり、歌を聴いたりする事もだめなんだそうです。
何故かと言うと声を出さなくても声帯が動いちゃうから。反応しているんです。
声を出さなくても人間は声帯を使っているんですねぇ。

多分ハムさんは
台本を書きながら、全員のセリフを唱えているんだなぁ。

とにかく!!
何が言いたいのか!!
と言いますと。

札幌での最後の公演を是非見に来てくださいと言う事です(^^)

「みなさんさようなら」

この公演が札幌でのラスト全体興行となります。
今までハムプロジェクトをありがとうございました。
どうか、最後を見届けてください。
これから本番まで怒涛の稽古&準備がございます!
毎日爆笑しながら本番を迎えたいと想います。

公演詳細
↓ ↓↓

ハムプロ最後の全体興行です。
長い間、ありがとうございました。

◎出演:
天野ジロ(札幌ハムプロジェクト)
飯野智行
すがの公(札幌ハムプロジェクト)
傍嶋史紀(ハムプロ東京支部)
寺地ユイ(きまぐれポニーテール)
中塚有里(劇団清水企画)
平田咲彩(劇団ひまわり)
フルサキエミ(札幌ハムプロジェクト)
前田透(劇団・木製ボイジャー14号)
明逸人(ELEVEN NINES)
山田ヒデノリ(My夢Project)
由村鯨太(わんわんズ)
渡辺ゆぱ(札幌ハムプロジェクト)

◎公演日時:
2020年
4月16日(木)19:30
4月17日(金)19:30
4月18日(土)14:00・18:00
4月19日(日)14:00
※開場は開演の30分前です。

◎会場:シアターZOO
(札幌市中央区南11条西1丁目3−17ファミール中島公園 B1F)
◎料金:
前売一般3000円・学生2000円(当日+500円)

◎ご予約&お問い合わせ:
hampro.sapporo@gmail.com
◎ハムプロHP:https://hampro.jp

すがの公より
いやー、
ハムプロも解散です。
寂しいですが(笑)
昨年『ルビコン河を渡る』では
「老い先」について書きました。
今回のは「死に方」。
でも暗い劇じゃないです。
笑えるはず。当然感動もします。
タイトルとうちの状況がついかぶってしまいました(笑)
でも内容と関係ない(と思う)のでご安心ください。
僕は死にません。(と思う)
近年の公演感想まとめを
リンク集にしました。
ハムプロの今までの
各地での評判を信じて
観に来てください。
最後、大事にやります。

★近年の感想まとめのまとめページは→こちら

■スタッフ脚本・演出:すがの公
照明:竹屋光浩
音響:渡辺ゆぱ
美術:すがの公
衣装:傍嶋史紀、フルサキエミ
小道具:佐々木陽子
動画:天野ジロ
広報:漆澤朋美
会計:井嶋マキ子
制作:札幌ハムプロジェクト

主催:札幌ハムプロジェクト、
北海道演劇財団、NPO法人札幌座くらぶ

◼️5月東京公演詳細◼️

▼この記事をシェアする▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました