【札幌映画館】今は無きスガイビル・最後に夫婦で映画を観た日

思い出日記(写真を辿る)
NEWカテゴリー【写真を巡る・思い出日記】について

どうも、ジロです。
昨今ずっと考えていたんですよねぇ〜!
自分が今まで撮った写真の行方についてをw

みなさん、写真ってどうしてますか????

(目が死んでるw)

スマホ文化になってから、たわいも無く写真を撮るじゃないですか。
私も演劇公演や旅公演中など
きっと何かに使えるんじゃないか!(基本SNS用に)と思って
その都度写真を撮りまくっていたので、データが膨大にあるわけです。
勿論、SNSに投稿した物もあるんですが半分以上は載せれずに眠っている写真ばかり。

でも!消すのは勿体無い!w

っと言う訳で✨
「思いで日記〜写真を巡る〜」と言うカテゴリーをスタートさせました( ´∀`)
写真整理も兼ねてblogへ投稿して行っちゃいますよ〜

18歳からお世話になっていたスガイビル・スガイディノス

今はもう、この外観は無くなってしまいましたね。
こちらがススキノにあったスガイディノスです!
ゲーセンとかボウリング、カラオケ、映画館、なまら遊びに来てたなぁ。

札幌に越して来た18歳の頃からずーとお世話になったましたw

演劇を始めた当初、
初めて出来た友達と遊びに来たり、
演劇の先輩たちとボウリングしたり、カラオケ行ったり!
上海ドールのオジョーさんと初対面して
友達の印をもらったり(懐かしい)

良きお年頃になってからは
お化粧直しにトイレを良く使わせて頂いてました(笑)
(光の感じが良かったものでw)

旦那さんとの初映画デートもスガイだったなぁ( ´∀`)
感慨深い。。。。。

最後は映画を観に行ったんだよ・壁に爪痕を残した

無くなる前に映画を見よう!
っと言う事になり旦那さんとcinémacafeへ。

到着すると
スガイが無くなるとあって、
お客さんが沢山いました。

ロビーの様子。
壁にはcinémacafeへ沢山のメッセージが書いてありました。
メッセージノートもあったよ!

私も最後にメッセージを書かせて頂きました。この壁もう壊されちゃったかなぁ。。。

最後に映画館に行った時、
雰囲気が凄くいいなぁって改めて思いました。
こんな近くにあったんだから
もっと通って置けば良かったなぁって。
なんでも
終わる時って情緒を感じてしまいますよね。
当たり前だと気づけないことが多い。


派手な映画館も楽しいですが、
ゆったりと落ち着いて見れるディノスの映画館は穴場だったなぁ。
cinémacafe自体が
映画みたいだったもん
(これ伝わるかなw)

アメリカン・アニマルズ

スガイの最後に選んだ映画は
「アメリカン・アニマルズ」

あらすじ

2004年に4人の大学生が時価1200万ドル(約12億円相当)のビンテージ本強奪を狙った窃盗事件を映画化。ケンタッキー州で退屈な大学生活を送るウォーレンとスペンサーは、くだらない日常に風穴を開け、特別な人間になりたいと焦がれていた。ある日、2人は大学図書館に保管されている時価1200万ドルを超える画集を盗み出す計画を思いつく。2人の友人で、FBIを目指す秀才エリック、すでに実業家として成功を収めていたチャズに声をかけ、4人は「レザボア・ドッグス」などの犯罪映画を参考に作戦を練る。作戦決行日、特殊メイクで老人の姿に変装した4人は図書館へと足を踏み入れ……。エバン・ピーターズ、バリー・コーガン、ブレイク・ジェナー、ジャレッド・アブラハムソンの4人が犯人の大学生役で出演。監督は、ドキュメンタリー映画「The Imposter」で英国アカデミー賞最優秀デビュー賞を受賞したバート・レイトン。

映画.comより

観終わった後はグッと精神が疲れました。
面白かった。
観てると自分も一味になったようにハラハラして心臓が痛かった。
悪い事を計画してバレるかバレないかの間にいる、あの感覚。
精神&心臓が押しつぶされそうになった。
本当にあった話を映画化しているんですが、
この事件に関わった男の子たちの大半が、
犯罪に手を染めれるような子達ではなかったんですよね。
そして、
自分にもそんな度胸はないなと再確認できますw
反対にこの映画を観てハラハラしないのであれば
その方はちょっと。。。
ヤバイかもしれませんwwwwww

嘘をつき続けて徳をする人生なんてない!
正直に真っ直ぐ生きて行くことが
健康で笑顔で入れる生き方だと思います。

●【アメリカン・アニマルズ】をアマゾンプライムで→プライム・ビデオ 30日間無料体験

あー、
またキャラメルポップコーンが食べたいなぁ♡

▼この記事をシェアする▼

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました